2021年2月19日金曜日

MBKが来た

 

手元に来たときのポジション

昨年知り合いから譲り受けた自転車はMBK(フランスのモトベカン)社のロードレーサーです。事故で怪我をして、もう自転車には乗ることも出来ないので良かったらもらってもらえないかという、そのときの話が良い・・・あなたは自転車が好きそうで大切にしてもらえそうであるから・・・自分自身初めての流れでちょっと古い自転車が着ました。話を頂いて喜んでばかりいたのではない。僕としては、怪我でかなりのショックを受けているだろうし、弱気でいる状態であるから少し時間を置いたほうがよいと考えました。しかし、年末にかけてからだが不自由な状態で片付けも身動きが取れないだろうし、思い切ってゴミとして廃棄してしまっては話を受けた自分自身にも責任を感じる。後でいやな思いはしたくないのでこちらから取りに伺うと連絡をしました。するとあなたからの返事が無いのでいらないのだろうと諦めていたそうだ。

知らなかったメーカーの自転車なので調べてみると、モトベカン社は1981年には終了しているメーカーでした。しかし、そのモトベカン社はフランス政府からの要望で日本の企業に援助を依頼し存続を成し遂げ、その名前はなくなりましたが企業そのものは現在でも存在している。1984年からはMBKとして製造をしています。今ではヤマハの子会社となって自転車やオートバイの製造をしているらしい・・・・?

バリバリと自転車に乗っていたという方なので見るからにポジションが自分にはきつい。そこでハンドル、ステムなどを交換して自分に合うような状態にした。

自分に合わせた無理のないポジション

ステムを交換する前にはヘッドのオーバーホールをしてグリスアップをする。当初は固着していたが何とか解決し、パーツはそれほど痛んではいなかったので安心しました。

フレームはMBKでパーツがイタリアのカンパニョーロで組み上げてありますが、Rディレーラーが悪くて交換をしています。今付いているのはシマノのsoraというものです。
カンパと言う自分には未知の世界なのでワクワクしましたが、どうして一つだけがシマノなの?と言う思いがした。

これが最初についていたものでカンパの縦型最終時代のアテナ(1980年後半)というものです。見た限りではどこが壊れているのか分からないので、ソラからアテナに変えてみましたが固定位置がおかしいことに気がつきました。先ずは中古で同じものを探しましたがこれがまったく同じものが出てない。いろいろ調べてみてわかったことは、裏側のフレームに固定する場所の部品が欠落していることが分かりました。その部品を調達できれば使えるだろうけれども多分無理でしょう。

自分で部品を作るということもあるのでしょうが僕には無理なこと。壊れたものを直すことは諦めました。でも、ソラのままで良いのか?と言う思いがありますので、同じカンパのディレーラーを中古で見つけました。
何とか使えるではないか
見つけたのは980と言うモデルです。売主からの話では5~6S用であるということですが、今付いているカセットは7Sなので使えないであろうか?購入をする前に売主に質問をして、スライドする稼動範囲を聞いたら35mmあるという。今付いている7Sのカセットを観察し計測をしてみて、もしかしたら使えるだろうという自己判断をしました。

最悪のところ7枚のうちすべてを使えなくても良いではないかということことから組みつけてみました。
完璧とまでは行かないまでも使えそうです。
980と言うモデルはアテナよりも前の時代のもので、購入したものは買ってから使わずに眠っていたと言うもので中古ではない!・・・なんと新品なのです。35年以上も前のものですからオーバーホールをしたほうが良いのかもしれませんが先ずは組みつけての確認です。

カンパに交換する前にソラがついている状態で試走をしてみた印象はしっかりとしたフレームだなって気がしました。特別軽いわけではないので直進性が強く感じる感じ。
夕方の作業で子供たちを迎えに行く時間となり、980に組み替えてからの試走はまだしていない。









2021年1月9日土曜日

正月休み

 

ブリジストン・グランヴェロ


今年の正月休みは一週間休むことにした。1~3日は家族と共に過ごして一才仕事には手を触れなかった。4日から子供が子供園に通園をするので、それに合わせて仕事を始めた。店の営業開始までの4日間はいろいろとやることが多くある。一日中机に向かっての帳簿は体や精神的にも良くない。仕事で毎日このようなことをしている方もいるのでしょうが僕には続けられない。

そこで今年の初乗りということで引っ張り出してきたのはブリジストン・グランヴェロ。この自転車の構成パーツはオールデュラエースで、僕にとっての初めての高級なパーツになった車体。ブレーキやシフターの感触はとても良い。

初乗りと言うことで気分を盛り上げようとしたのには、気分転換、運動の要素もあるのだが一番のきっかけは自分の誕生日だから良い気分になりたかった。この日僕は63歳になったわけであるが、実は一番したかったことはやはりオートバイに乗ること。しかしながら、バッテリーが弱っていてエンジンが掛からなかったので・・・自転車になったと言うことが本音である。

この日は50分自転車に乗ってきたが、毎日一時間ほど自転車に乗れればよいなぁ~と感じた。そう思えばまずは実行と言うことで翌日は46分自転車になってきた。二日目は別の車体を選ぶ。

ケルビム

ケルビムの構成パーツはデュラエースが中心ですがいろいろなメーカーのものの組み合わせ。この車体はパーツの特性よりもフレームの感触が他のものとは違うのが分かる。とても繊細な感触とでも言おうか。

初日と2日目で自転車に乗った時間が50分と46分というのは、同じところまで行き往復に要した時間が短縮したと言うこと。

三日目にも自転車に乗りたかったのだけれども、帳簿が合わなくて自転車に乗る気分になれなかった。

と言うことで正月は二回自転車に乗りました。







2020年10月30日金曜日

チューブラータイヤに挑戦・・・フタバ

 

リムの掃除を終えていつできるかと思っていたチューブラータイヤの組み付け作業は昨日初の挑戦となりました。使ったタイヤは車両の持ち主さんが一緒につけてくれたサービスのもので、早数十年眠っていたものかもしれない。チューブラータイヤにはまったく親しみが無くはじめて触ったようなものであるから、このタイヤがどのような状態かはまったく分からない。ちなみにチューブラー自転車歴が長い方からは、予行練習をして力の加減を試してからが良いと聞いていたので、セメントを塗る前にやってみた。しかしながら、これがリムに収まる様な気がしないほど窮屈な状態。自分の判断で古いタイヤなのでゴムの劣化が進行して伸びが弱いものと判断し、背筋測定の要領でゴムを少し伸ばしてみたが結果はそれほど変わらずで強行突破するしかないと決行する。

とても大変だったが何とか二本とも装着完了する。二回目の方が要領が良くなるとは甘い判断で自分の力の低下がありより大変だった。走り出せる状態とはなったものの子供を迎えに行く時間となってしまったため本日の自転車工作は終了となりました。

今年は三台の自転車を同時並行でのメンテナンスをしていて、二台が完成したのでこのフタバを後仕上げれば一段落となります。
次回はサドルの交換とサドルバックの装着、バーテープを巻く作業の予定です。交換したタイヤの状態がよければの話・・・・。





2020年10月23日金曜日

ケルビムがようやく完成

 


ケルビムのフレームの年式は良く調べてはいないのでいつのものかは分かりませんが、ストック状態で一度も組みあがられた形跡が無い状態で購入した方がおりまして、その方がヴィンテージパーツを選びながら組み上げた車体です。ご自分で乗るつもりだったようですが、どうも最高のパーツを選択して組んだにもかかわらず・・・しっくりこなくて落ち着かないと言うので手放すことになり僕が譲り受けました。今となっては貴重なパーツで組まれている最高の自転車です。

とはいううものの、僕が乗るにはがちがちのロードでは体に辛いので、ハンドルステム、ブレーキレバー、サドルなどを自分に合うように部品の交換をしました。今こうして写真を見ると、ちょっとアンバランスな感じに見えるものです。フロントバックやパニアケースをつけるという、旅スタイルでは重々しいのでサドルバックだけにして見ました。キャンパス地の物も取り付けてみましたがなんとなくリラックスしすぎてしまう印象となるので、ここはブルックスの皮サドルバックを選びました。


かみさんがぼろぼろとなって、もう捨てるといっていたブルックスのサドルを再生して取り付けています。ぼろぼろのサドルもまだ程度の良いサドルバックの組み合わせで何とか品を保ち続けていけるかな。






2020年10月17日土曜日

GWランドナーにサドルバック

 


GWランドナーのサドルにはループが無いのでVivaのループを取り付けバックを装着できるようにしました。サドルがブルックスならばバックもそれに合わせてと言うことでも良いだろうが、機能的には同等の韓国メーカーであるジンバーレというものにしました。垂れ下がり防止のためにニットーのラックも取り付けてあります。

このランドナーはようやく使える状態になりましたが、まだ燈火類は取り付けてありません。ビンテージらしくダイナモも準備はしてありますが夜は走らないのでどうしようかなとも考えています。

週一の買出しに行くときには自転車が心地よく、スーパーマーケットの駐輪場の保護柵に通常の向きとは違う置き方をするのでおばさんにはにらまれてしまいます。自立スタンドを取り付けていないので置き場所が限られてしまいます。キックスタンドよりもランドナーならばセンタースタンドがよいかなぁ。




2020年9月29日火曜日

チューブラーリムのお手入れ続き

 


チューブラーリムを履いているのはHUTABAこと、細山自転車工房のロードレーサーです。自分自身ロードレーサーに乗って早く走ると言う願望はまったく無いのですが、やはりスタイルが素晴らしく触りがいがあるものです。いろいろと部品構成を自分の好みや体型に合わせて作り上げ、出来上がってから乗ってみて”そのしなやかな走行フィーリング”が楽しいいのです。

とは言えフタバのレストアは道半ばなのでまだ味わうところまではいきません。
先日ぼろぼろになっていたタイヤを剥ぎ取り、セメントクリーナーで汚れを落としてみましたがまったくきれいにならず、マイナスドライバーでごしごし削り落としました。


こんな具合までは削り落とすことが出来ました。でも、せっかく新しいタイヤに交換するのですからもっときれいにしたいと思い塗料はがし液を買ってきました。(これぐらいだったらぜんぜん気にしないでそのまま使うよって言われる先輩の話も聞きつつ・・・僕はめったに掃除しないだろうからこの際きれいにしようと思いました)


はがし液を塗ってしばらく置いてからごしごしと拭くだけでしたがこれぐらいまできれいになったので満足です。これで新しいタイヤをつけられるようになりました。リムセメントを使ってのタイヤ組み付け初体験での不安もあるわけですが、後はボトムブラケットの掃除をする予定です。










2020年9月11日金曜日

チューブラーリムのお手入れ

 

どうもピントが怪しい写真ですが手振れでしょうか?多分そうでしょう!年々写真撮るのがへたくそになってきますね。もうしばらくカメラを持って休みの日を過ごしていないです。

1980年前後のちょっと古い自転車はチューブラーが当たり前の時代でした。ランドナーは別ですがロードモデルではそんな時代でした。今、しばらく乗らなくて部屋にしまいこんでおいた自転車・・・FUTABA(細山自転車工房製作所)の再生をしています。この自転車もチューブラーなのでリムからタイヤを剥ぎ取りました。写真は取った後のリムの内側の状態です。リムにタイヤを接着するときには、リムセメントというボンドのような接着剤を使います。他の方法では両面テープを使う方法もあります。今回はリムセメントを使って新しいタイヤを装着させる予定です。

モノタロウという工場や企業へ納品する会社がありますが今では個人消費者でも多くの人たちが活用しているようです。取り扱い品目も何から何まで揃えているほどなので、僕自身も今回はアマゾンとの価格の比較をしてからモノタロウでリムセメントを注文しました。今日発送連絡があったので明日には受け取ることが出来るでしょう。

さて、長年放置してあったセメントの残りがきれいになるものか?やってみないことには分かりませんね。

一台の自転車の再生をするには交換部品の準備や部品を交換するための工具なども場合によっては新たに準備をしなくてはいけませんから時間が掛かります。早いとこコットンバーテープをハンドルに巻きニス仕上げをしたいと思っていますが先にやらなければいけないところが多く有ります。