2020年10月30日金曜日

チューブラータイヤに挑戦・・・フタバ

 

リムの掃除を終えていつできるかと思っていたチューブラータイヤの組み付け作業は昨日初の挑戦となりました。使ったタイヤは車両の持ち主さんが一緒につけてくれたサービスのもので、早数十年眠っていたものかもしれない。チューブラータイヤにはまったく親しみが無くはじめて触ったようなものであるから、このタイヤがどのような状態かはまったく分からない。ちなみにチューブラー自転車歴が長い方からは、予行練習をして力の加減を試してからが良いと聞いていたので、セメントを塗る前にやってみた。しかしながら、これがリムに収まる様な気がしないほど窮屈な状態。自分の判断で古いタイヤなのでゴムの劣化が進行して伸びが弱いものと判断し、背筋測定の要領でゴムを少し伸ばしてみたが結果はそれほど変わらずで強行突破するしかないと決行する。

とても大変だったが何とか二本とも装着完了する。二回目の方が要領が良くなるとは甘い判断で自分の力の低下がありより大変だった。走り出せる状態とはなったものの子供を迎えに行く時間となってしまったため本日の自転車工作は終了となりました。

今年は三台の自転車を同時並行でのメンテナンスをしていて、二台が完成したのでこのフタバを後仕上げれば一段落となります。
次回はサドルの交換とサドルバックの装着、バーテープを巻く作業の予定です。交換したタイヤの状態がよければの話・・・・。





2020年10月23日金曜日

ケルビムがようやく完成

 


ケルビムのフレームの年式は良く調べてはいないのでいつのものかは分かりませんが、ストック状態で一度も組みあがられた形跡が無い状態で購入した方がおりまして、その方がヴィンテージパーツを選びながら組み上げた車体です。ご自分で乗るつもりだったようですが、どうも最高のパーツを選択して組んだにもかかわらず・・・しっくりこなくて落ち着かないと言うので手放すことになり僕が譲り受けました。今となっては貴重なパーツで組まれている最高の自転車です。

とはいううものの、僕が乗るにはがちがちのロードでは体に辛いので、ハンドルステム、ブレーキレバー、サドルなどを自分に合うように部品の交換をしました。今こうして写真を見ると、ちょっとアンバランスな感じに見えるものです。フロントバックやパニアケースをつけるという、旅スタイルでは重々しいのでサドルバックだけにして見ました。キャンパス地の物も取り付けてみましたがなんとなくリラックスしすぎてしまう印象となるので、ここはブルックスの皮サドルバックを選びました。


かみさんがぼろぼろとなって、もう捨てるといっていたブルックスのサドルを再生して取り付けています。ぼろぼろのサドルもまだ程度の良いサドルバックの組み合わせで何とか品を保ち続けていけるかな。






2020年10月17日土曜日

GWランドナーにサドルバック

 


GWランドナーのサドルにはループが無いのでVivaのループを取り付けバックを装着できるようにしました。サドルがブルックスならばバックもそれに合わせてと言うことでも良いだろうが、機能的には同等の韓国メーカーであるジンバーレというものにしました。垂れ下がり防止のためにニットーのラックも取り付けてあります。

このランドナーはようやく使える状態になりましたが、まだ燈火類は取り付けてありません。ビンテージらしくダイナモも準備はしてありますが夜は走らないのでどうしようかなとも考えています。

週一の買出しに行くときには自転車が心地よく、スーパーマーケットの駐輪場の保護柵に通常の向きとは違う置き方をするのでおばさんにはにらまれてしまいます。自立スタンドを取り付けていないので置き場所が限られてしまいます。キックスタンドよりもランドナーならばセンタースタンドがよいかなぁ。




2020年9月29日火曜日

チューブラーリムのお手入れ続き

 


チューブラーリムを履いているのはHUTABAこと、細山自転車工房のロードレーサーです。自分自身ロードレーサーに乗って早く走ると言う願望はまったく無いのですが、やはりスタイルが素晴らしく触りがいがあるものです。いろいろと部品構成を自分の好みや体型に合わせて作り上げ、出来上がってから乗ってみて”そのしなやかな走行フィーリング”が楽しいいのです。

とは言えフタバのレストアは道半ばなのでまだ味わうところまではいきません。
先日ぼろぼろになっていたタイヤを剥ぎ取り、セメントクリーナーで汚れを落としてみましたがまったくきれいにならず、マイナスドライバーでごしごし削り落としました。


こんな具合までは削り落とすことが出来ました。でも、せっかく新しいタイヤに交換するのですからもっときれいにしたいと思い塗料はがし液を買ってきました。(これぐらいだったらぜんぜん気にしないでそのまま使うよって言われる先輩の話も聞きつつ・・・僕はめったに掃除しないだろうからこの際きれいにしようと思いました)


はがし液を塗ってしばらく置いてからごしごしと拭くだけでしたがこれぐらいまできれいになったので満足です。これで新しいタイヤをつけられるようになりました。リムセメントを使ってのタイヤ組み付け初体験での不安もあるわけですが、後はボトムブラケットの掃除をする予定です。










2020年9月11日金曜日

チューブラーリムのお手入れ

 

どうもピントが怪しい写真ですが手振れでしょうか?多分そうでしょう!年々写真撮るのがへたくそになってきますね。もうしばらくカメラを持って休みの日を過ごしていないです。

1980年前後のちょっと古い自転車はチューブラーが当たり前の時代でした。ランドナーは別ですがロードモデルではそんな時代でした。今、しばらく乗らなくて部屋にしまいこんでおいた自転車・・・FUTABA(細山自転車工房製作所)の再生をしています。この自転車もチューブラーなのでリムからタイヤを剥ぎ取りました。写真は取った後のリムの内側の状態です。リムにタイヤを接着するときには、リムセメントというボンドのような接着剤を使います。他の方法では両面テープを使う方法もあります。今回はリムセメントを使って新しいタイヤを装着させる予定です。

モノタロウという工場や企業へ納品する会社がありますが今では個人消費者でも多くの人たちが活用しているようです。取り扱い品目も何から何まで揃えているほどなので、僕自身も今回はアマゾンとの価格の比較をしてからモノタロウでリムセメントを注文しました。今日発送連絡があったので明日には受け取ることが出来るでしょう。

さて、長年放置してあったセメントの残りがきれいになるものか?やってみないことには分かりませんね。

一台の自転車の再生をするには交換部品の準備や部品を交換するための工具なども場合によっては新たに準備をしなくてはいけませんから時間が掛かります。早いとこコットンバーテープをハンドルに巻きニス仕上げをしたいと思っていますが先にやらなければいけないところが多く有ります。




2020年8月21日金曜日

チェーンリングの取り付け

 

今年は暑いし、コロナウイルス感染防止対策でどこへも出かけていません。唯一は食材の調達ですが、今まで通っていた店までわざわざ行くことはなく近場の店で済ませるようになりました。今年の休みの日には自転車の工作をしていますが、昨日はチェーンリングの取り付けをしたり、Rディレーラーやチェーンなども張ることが出来ました。

このチェーンリングですが今までに一度も交換作業などはした事がないゆえ、慎重に興味を持ちつつ作業を進めていました。ボルトで固定するだけなのですが一本のボルトに異変を感じました。
先ずは、こちら
この一本だけが短いのです。そしてピッチが合わないので食いついていきません。もしかしたらなめてしまっているのかもしれませんがこのまま使うことは出来ないのでいつもお世話になっている自転車屋に行って現物のネジと正常な他のねじを一緒に持っていき見てもらいました。そこで中古で使えるネジがあるからということで一本買って帰りました。

車体を持ってきてくれれば取り付けてあげますよというお話でしたが、そうなると組立作業ということになり工賃も発生します。先ずは自己責任で部品を購入して自分で組みつけてみる事にしました。結果問題もなく固定が出来たのでよかったです。予備の小物部品などあればすぐにも作業を進められますが、その都度手間が掛かる事ではありますが必要なものだけを購入するようにしています。





2020年8月14日金曜日

ハンドル周りの変更

 


Wレバーをステムに移設して使ってみたいと言う構想で以前購入しておいたものをようやく使える日が来ました。Fはラチェットタイプで使いやすい。自分が今乗っている自転車はラチェットタイプではなくてフリーなレバー移動になるので憧れていました。ただ問題と言えることとしては、レバーは7Sようで取り付ける自転車は6Sになるのですが使えるのだろうか。
昨日半日自転車工作をしてなんとか使えそうである。今回の工作はハンドル、ステム、ブレーキ、チェーン、ワイヤーなどの交換と変更をしました。ただ、ポジションを出すまでにはやはり手持ちのステムではしっくりこないような気がします。寸法を計測してどうかな?って思っていますが、体はそれほど柔軟ではないとつくづく感じているので、新たにステムを見つけてみようかなって思っています。